IKA - IKA LR1000システムは、経済的なモジュール方式採用のラボリアクターで、化学反応を利用して混合・分散・加熱および冷却などを行います

IKA LR1000システムは、経済的なモジュール方式採用のラボリアクターで、化学反応を利用して混合・分散・加熱および冷却などを行います

操作も簡単で、モジュール/アクセサリーの組み合わせにより、実験室規模での真空下作業から生産規模まで、お客様の様々なアプリケーションに対応いたします。LR1000システムにはベーシックタイプとコントロールタイプがあり、化粧品、薬品、食品、バイオテクノロジー等、広範囲の分野での要望に応えられる多目的装置です。

両タイプとも、1リットル用リアクター容器、加熱攪拌装置、高精度溶液温度センサーが標準付属いたします。さらに、目的に合ったアクセサリーを取り付けることで、真空圧調整、溶液の冷却および分散機能が簡単に追加でき、また、全作業を、弊社独自のソフトウエアlabworldsoft®(別売)を用いて、USB経由でPCから制御し、文章化することも可能です。加熱機能が備わった事により、サーモスタットは不要となりました。これまでのようにサーモスタットのオイルの取扱やホース脱着の煩わしい作業から解放されます。冷却器との接続は本体背面にあり、より早い冷却が可能となります。他のIKA®製品と同様、LR1000システムも最高の作業安全をお約束いたします。安全限界温度の調整設定はもちろん、作動中に容器や蓋を取り外した場合、電源が落ちるように設計されています。作業後、簡単にリアクター容器が取り外せ、掃除も容易です。本機はまた、攪拌、加熱、PT100温度センサーを用いて温度調整する際、その速度や温度がデジタルディスプレイ表示されます。コントロールタイプはベーシックタイプの上位機種となり、いくつかの機能が追加されます。たとえば、コントロールタイプはTFTディスプレイで、ベーシックタイプのLEDディスプレイより鮮明で操作性に優れます。また、計量機能、USB経由でlabworldsoft®を用いてレオロジー変化やトルク測定、その他のパラメータを調整及び文章化する機能、pH電極接続端子がついています。LR1000コントロールラボリアクターは2013年度レッドドットデザイン賞を受賞いたしました。この賞は、卓越したデザインのLR1000コントロールラボリアクターが受賞しただけでなく革新的な商品を作り続ける弊社に贈られたものだと自負しております。